本文へスキップ

一般社団法人 鳥羽青年会議所

TEL. 0599-25-4736

〒517-0022 三重県鳥羽市大明東町1−7

理事長所信CHAIRMAN BELIEF

理事長所信


はじめに

鳥羽青年会議所の一員であることに自信と誇りを持っていますか。

 1969年の発足以来、鳥羽青年会議所は、明るく豊かな鳥羽にすべく運動を重ね48年が経過しました。一年一年、地域の課題と真剣に向かい合い、その時代に即した運動を推進し、会員同士が切磋琢磨しながら、自己研鑽を積み重ねてきたことは想像に難くありません。入会以来私はそういった先輩と多くの時間を共有してきました。
 このまちが直面する様々な課題に対し、先輩方一人ひとりが率先して行動されてきた結果、今我々がここに集っているのです。継承されてきた志や、人と人の繋がり、経験それらすべてがこの鳥羽青年会議所の財産であり、それらを次世代へと繋いでいかなければなりません。
 このまちの将来の姿を想像できていますか。今このまちが抱える様々な問題はこのまちに住まう我々自身の問題といっても過言ありません。我々一人ひとりが課題に対し危機感を持ち当事者であることを自覚し、行動を起こすことで我々は受け継がれてきたこの襷を、次の世代へ受け渡すことができるのではないでしょうか。
 そのために我々は鳥羽青年会議所の会員であることの自信と誇りを持ち、このまちの課題と真剣に向き合い、未来を見据えた運動を展開していかなればなりません。

〜戦略的な広報活動を〜

 青年会議所が推進する運動を展開するにあたり、活動の多くが下支えであったりすることから裏方に比喩されることの多い総務ですが、すべての情報が集約する組織の核となる部分であると考えます。
 地域にとって必要な組織であり続ける為、また、運動を広げていく為には地域の方に我々の活動内容を理解して頂く必要があります。そのために重要となってくるのが情報発信です。近年、SNSによる情報発信やスマートフォンの普及により、情報を受信する側も手軽に様々な情報を入手することができるようになりました。そういった時世に対応すべく我々もSNSを活用し情報の随時発信に努めて参りましたが、もう一歩先んじる為には、単なる情報発信ではなく戦略的な組織によるプロモーション活動が非常に重要となってきます。受信する側が魅力を感じる情報であれば、多くの人々から運動に対する賛同を得ることが可能です。私たちが展開する運動に込めた想いをしっかりと伝えることで、市民の理解を得ることができ、支援・協力の輪が広がるものと考えます。

〜再考、備えあれば憂いなし〜

 過去を振り返ってみると地域が困難な状況に陥っている時には我々の組織の力が発揮されてきました。組織は個人の集まりであり、個人の成長が組織の成長に繋がり、組織の成長は地域の力になると考えます。阪神淡路大震災や東日本大震災のような大規模広域災害により「公助の限界」が明らかになるとともに、自助・共助によるソフトパワーこそが重要であることが明確となりました。勇気ある行動が人々に希望を与え、その希望が活力となります。その活力となるべく、これまでにも鳥羽青年会議所は率先して被災地に赴き、様々な支援活動を行ってまいりました。
 全国各地で頻繁に発生している異常気象や昨年発災した熊本大地震の影響もあり、防災意識や自助・共助が重要であることへの認識は高まりつつあるといえますが、果たして我々は自らの問題として捉えることができているでしょうか。
 今この瞬間、私たちの住まうこの地域が困難な状況に陥った時に我々には何ができるのか、地域を守る為にどういった行動を取るべきなのかを再考する必要があります。いついかなる状況においてもリーダーシップを発揮し、地域の為に行動できる人材の育成に取り組みます。

〜地域を興すための意識改革を〜

 まちづくりというものは、一朝一夕で叶うものではありません。少しずつ少しずつ前進し、その歩みを止めることなく理想とする姿を追求し続けるものだと考えます。多くの先輩方がまちのことを思い、汗をかきこのまちの為に尽力してきました。その象徴の一つでもある5年目を迎える「10.8鳥羽の日」は、市民の自主性や市民や観光客からの期待も年々増加しており、その期待に応えるべく過去4年の実績を踏まえさらなる飛躍へ向けて我々が中心となり取り組んでいきます。鳥羽の活性化に向け地域が一つになり中心市街地だけでなく、離島地区や南鳥羽地区も人で賑わい、鳥羽市全体が活気に満ち、鳥羽の日に関わる全ての人の笑顔あふれる鳥羽の日とするべく、これまでの歩みを止めることなく市民意識の改革を目指します。
 また、本年、市長の任期満了に伴い市長選挙を迎えることとなります。鳥羽の未来を決める選挙であります。市民の政治参画意識の向上が政治のレベルを上げるとの考えのもと、鳥羽青年会議所としても市民が深い関心と高い意識を持ち、公正な民意を反映できる選挙が行われるよう努力を払うべきだと考えます。


〜地域と人、人と人の交流を〜

 本年度は、三重ブロック大会の主管LOMとなります。三重ブロックとの連携を図り、各種団体との連携をより強固なものとし、メンバー一体となり挑戦を続けることで、過去4回の開催時もそうであったように必ず地域の方々と県内各会員会議所から来鳥される方の記憶に残る鳥羽だからこそできる三重ブロック大会を開催できると確信しています。
 この大会を通じて、地域と来場されるすべての方、また、来場される方同士が交流し、「三重ブロックはひとつ」の絆をより深く強固なものとすべく取り組みます。


さいごに

 活力ある街には必ず活力ある人が存在します。その役割を担うのが我々です。
 我々が熱を持ち行動することで熱は市民へ伝わります。そして、その熱が高ければ高いほど、伝わる熱も高くなるのです。熱を高く持つには自信を持つことです。自信を持つためには行動することです。行動を起こせば経験ができます。経験が積み重なることで自信につながり、自信が誇りへとなるのです。
 「行動を起こす。」時には勇気のいることでしょう。しかし、その一歩を踏み出すことで、「できること」を見つけることができ、それを積み重ねていくことが成功に近づくのではないでしょうか。対価と代償はイコールであり、何もせずに何かを得ることはありません。行動することで成長という対価を得られるものであり、鳥羽青年会議所はそれが可能な組織であります。
 我々の行動が鳥羽の未来を創るのです。この一年の一日、一日を明日の地域のため、ひとのため情熱を注ぎ率先して行動し、運動を展開していきましょう。




バナースペース

一般社団法人 鳥羽青年会議所

〒517-0022
三重県鳥羽市大明東町1−7

TEL 0599-25-4736
FAX 0599-26-5875